SATO微信

[登录]

日本のお客様へ首页>日本のお客様へ>

RFIDとは?

RFID とは、Radio Frequency Identification の略で、無線を利用し、非接触でICチップの中のデータを読み書きする技術のことで、次世代の自動認識システムの一つとして注目され、開発されています。 RFIDタグへの電源供給の方法には、「パッシブ型」と「アクティブ型」の2種類があります。パッシブ型は、リーダから送信された電波を受ける事で、タグ内のICチップの回路が起動され、ID情報をリーダ側に返す仕組みになっています。これに対して、アクティブ型はタグ内に自立電源を持ち、電波を送信する仕組みになっています。

RFIDのメリット、デメリットは?

RFIDは今までの認証技術にない便利な特性を数多く持っています。その中で最も注目すべき点は、データ容量が大きく、データの書き込みが可能であり、さらに複数同時認証という優れたアドバンテージが挙げられます。ここでは、RFIDの特徴を理解しやすくするために、バーコードとの比較を行ってみます。

①バーコードで認証する場合は、認証時にバーコードが見える事が必須であり、一部が隠れた状態になると、情報を読み取ることは不可能になります。これに対して、RFIDは、光学ではなく電波による認証処理を行うため、リーダ・ライタをかざすだけで認証作業を完了させることができます。
②バーコードの場合、認識する商品を1個ずつバーコードスキャナでスキャンする必要がありますが、RFIDでは複数同時認証が可能です。
③バーコードは、1度印刷するとその情報は変更不可であるのに対し、RFIDは情報の追加・変更が何度でも可能です。また、RFIDはメモリが内蔵されており、大容量データの記憶を実現します。
④バーコードに比べ、RFIDは長期使用による経年変化が少なく、その間に受ける汚れや埃、溶剤や洗剤、アルコールなどの影響が少ないという特性があります。

<総括的に、RFIDのメリットとデメリットは以下の通りです。>
(1)メリット
①データー容量が大きく、データの書き替えが可能。
②非接触で通信を行う為、RFID自体を表面に出しておく必要がない。
③アンチコリジョン(複数読取り)が可能。
④様々な形状に加工することが可能。
⑤選択する周波数によっては、指向性が広く、認識範囲が広い。
(2)デメリット
①金属や水、ノイズの影響を受けやすい。(但し、金属対応タグもあり)
②バーコードと比べ高価。
③ICチップ自体の耐久力が弱いため、破損する可能性あり。

< RFID 周波数帯別比較表 >

サトーはRFID分野においてもトータルで提案

サトーのRFIDプリンタは、RFIDラベル・タグの表面印字+ICチップへのデータの書き込みを同時に行います。書き込み不良が発生した場合、ラベル・タグ表面に“/” を印字する為、書き込み不良が一目で分かる点もサトープリンタの特徴です。
サトーでは、RFID分野においても、プリンタだけでなく、RFIDリーダライタ、RFIDサプライ、ソフトも含んだ  トータルソリューションをご提供します。

RFIDプリンタ(UHF帯)

RFIDリーダライタ

RFIDサプライ

SATO DIP(小ピッチ) ソリューション

DIP (Direct Inlay Print)は、データのエンコードと印字を小ピッチ、小サイズのRFIDインレイに直接行う事が可能であり、従来のRFIDインレイを貼り合せて、RFIDラベルに加工する必要が無い為、これによりコスト削減も可能となりました。
※DIP は、SATO と UPM Rafsec が特許を所有しています。

SATO FlagtagTM ソリューション

RFIDインレイ部分を旗(フラッグ)状にする事で、RFIDタグの読取を妨げる要因を排除し、読取率を著しく向上します。 ※Flagtag は、SATO と UPM Rafsec が所有する登録商標です。